暇人じゃない

ThinkPad T495s に Manjaro Linux Xfce Edition を入れたら画面がグリッチした
ThinkPadManjaro Linux

top コマンドを実行した図

環境

  • Lenovo ThinkPad T495s (AMD Ryzen 5 PRO 3500U)
  • Manjaro Linux 18.1.5
  • Xfce 4.14.2

ThinkPad T495s を入手し Manjaro Linux Xfce Edition をインストールしたのですが、画面がグリッチする現象に遭遇しました。 Manjaro Linux というよりは Xfce の問題で、Radeon の GPU が載った Ryzen CPU を搭載している環境で発生するようです。

解決方法

以下のスレッドに解決方法が書かれていました。

xfconf-query を使って vblank_mode というプロパティに xpresent をセットし、再起動することで解決しました。

xfconf-query -c xfwm4 -p /general/vblank_mode -t string -s "xpresent" --create

以下のフォーラムには、vblank_modeglx を設定すると、NVIDIA の GPU に適した状態に、vpresent は AMD の GPU に適した状態になると書かれています。 正直なところ、両者の違いが分かりません。Xfce 4.14 では glx がデフォルトで適用されるそうです。

果たしてこれが根本的な解決になっているか不明ですが、とりあえず動いているので良しとします。

About

chocoby (GitHub / Twitter)

フリーのソフトウェア開発者です。 Ruby を使った Web 開発を得意としています。