暇人じゃない

Feedly から Inoreader に乗り換えた
InoreaderRSS

前回の記事と前後するが、今年の 4 月ごろ RSS フィードのリーダーを Feedly から Inoreader に乗り換えた。

フィードをフィルターしたくなった

今年前半から新型コロナウイルスの話題が増えているが、ほとんどがネガティブな記事だった。 例えば、はてなブックマークの RSS フィードにはテクノロジーのカテゴリーであっても新型コロナウイルスのフィードが入ってくる。 これが精神的に辛かった。

なぜ Inoreader なのか

料金面で Inoreader が安いため。

Feedly は Google Reader が終了した時から使っていて、使い勝手に不満はなかった。 フィルターは Feedly にもあるが Pro+ プランを購読する必要がある。

以下が年払いで支払った場合の月々の料金で、個人的には Feedly は高いと思った。

もちろんフィルター以外にも機能はあるが、まずはフィルターを使いたかったので、より安く評判の良さそうな Inoreader に乗り換えた、という経緯。

乗り換えた結果だが、使い勝手は問題なく、とても満足している。

フィルター以外で気に入っている機能

フィルター以外にも色々な機能があるのだが、気に入っているのは RSS フィードを提供していない Web サイトの更新をチェックできるウェブフィード機能。 これについては記事を書いた。

また、Twitter のフィードもチェックできるので、気になる Twitter アカウントを登録している。

クライアント

PC では Firefox で Inoreader を使っている。 以下の拡張機能をインストールすると b キーでバックグラウンドタブを開けるようになる。

iPhone / iPad では Reeder 3 を使っている。Feedly も Reeder 3 で使っていたので、使い勝手は変わっていない。 Reeder 4 も出ているようだが、特に不満がなく Reeder 3 を使い続けている...

不安なところ

今後使っていく上で不安なのは、プランに設定された上限を超えた場合にどうなるかである。

フィルターは全体で 30 個まで作れる。これ以上はサポートに問い合わせて上限を増やしてもらうのだが、料金がどれくらい変化するのか気になっている。 現状はまだ余裕はあるので大丈夫だが、いずれ問い合わせてみたいと思う。

このように上限値を指定して申し込む

おまけ

だが断る

About

chocoby (GitHub / Twitter)

フリーのソフトウェア開発者です。 Ruby を使った Web 開発を得意としています。